在籍確認の電話連絡なしでキャッシングできる職場にバレない方法は?

在籍確認の電話連絡なしでキャッシングで職場にバレない方法は?

 

プロミスはネットからキャッシングやカードローンへ申込をしても電話による在籍確認なしで借りることができます。

 

消費者金融なので、借入する人の状況によってはもともと職場への電話による在籍確認をしない場合も多いということもありますが、勤務先がわかるような書類を代替として用意すればわざわざ会社に電話連絡しなくても在籍確認が取れるのが事実なようです。

 

最近はプロミス以外のアコムなど大手消費者金融でも在籍確認を省略してくれる例が増加しています。

 

消費者金融などは無担保融資なので在籍確認は必須だと言われていたのですが、あまりにも利用者から不評であったり契約そのものをやめてしまう人が増えているため、省略できる人に対しては省略しているのです。

 

実際に職場への在籍確認をしている例は5%以下と言われており、ほとんどの申込者は職場への在籍確認をされていません。

 

これは、消費者金融クレジットカードに限りませんが、審査では信用情報機関のデータを利用しており、ここに過去の消費者金融や信販会社の利用履歴が膨大に登録されているためです。

 

そのため、このデータを見ればその人の職業や勤続年数も一発でわかります。

 

ある程度「堅い」職業の方であれば、簡単に転職するわけがありませんし、利用状況に問題なければ別に在籍確認の電話などする必要はないのです。

 

在籍確認の電話は、消費者金融や信販会社の担当者にとっても負担がかかりますし、同時に即日融資などをする際の障害にもなります。

 

ただし、すべての人に対して職場への在籍確認の電話を省略しているわけではありません。

 

最近転職をしていたり、信用情報履歴自体がなければ職場への在籍確認の電話をするはずです。このことは消費者金融やクレジットカードであっても同じことなのです。

 

アコムの在籍確認についておすすめサイト→アコム 電話 会社

 

在籍確認の内容とは?書類で借りれるって本当?

 

本当です。

 

会社員であれば社員証や保険証、派遣・アルバイト・パート、自営業・フリーランス・水商売などであれば、給与明細や収入証明書など、職場のわかるような書類をFAXなどで送信するだけで在籍確認の審査の代替書類とみなされ、それらにより審査が完了できます。

 

しかし、転職したての方や新入社員の方などで、信用情報機関にデータが全くないような方であれば職場への在籍確認の電話をすることになります。
しかし、この職場に対する在籍確認の電話は、本人が電話口に出ればそれで終了なのです。

 

一応、形式上氏名や生年月日の確認をしますが、出張が多い方の場合は「留守です」とか「出張中です」と応答があればそれでいいのです。

 

本人が不在の際は、一応「また電話します」と言われますが、二度と電話はありません。

 

電話をする際には消費者金融の会社名を名乗ることもありません。

 

担当者の個人名で電話をすることになります。

 

そのため、消費者金融からの在籍確認の電話であるということが周囲にわかる可能性はかなり低いです。

 

必要以上に不安視することはりません。

 

とはいえ、できれば職場への電話確認は避けてもらいたいと考えるものです。

 

個人名で電話をするとしても、勘の鋭い人であればわかってしまうことも少なくありません。

 

そのため、在籍確認の電話を他の方法で代用できないかを考える必要があります。

 

この場合、一番いい方法は健康保険証を提示することです。

 

プロミスなどにネットから申し込むと携帯電話へ申込確認の連絡がありますから、その際に勤務先に在籍確認の電話をするかどうか確認します。

 

しないといわれればいいのですが、すると言われた場合は健康保険証を画像データで送るからそれで代用してほしいと頼んでみるといいでしょう。

 

ショッピング枠だけの申込であれば、在籍確認の電話はほぼないのですが、お金を借りることができるキャッシング枠も申し込むと在籍確認をされる可能性が上がります。ちょっとしたことで回避できるのでトライしてみるといいでしょう。

 
トップへ戻る